huin's Picture

huin

Work@Fablic, Inc. Job : Software Engineer(iOS, Android) Use : Objective-C, Swift, Java Like : Gadget, Apple, Photography, Art, Design, UI, UX

Tokyo, Japan

34 posts

iOSDC Japan 2017を楽しんできました。

開催から2週間半もたってて今さら感満載だけど書かないわけにいかないので振り返ってみます。 Yes, I will blog. Prologue 今回のiOSDCやっぱり運営もiOS界隈の人だった事は大事な事実。自分たちも見たいトークがあるのに運営にコミットしてくれた人が沢山いるた。参加者の僕らができるのは来年は運営にもコミットしてみんなが学びの時間になるイベントにする事だと思う。来年は絶対やるよー #iosdc— huin (@huin) 2016年8月20日 懐かしい、昨年のiOSDCが終わった後のツイート。 スピーカーという光栄な立場で参加させてもらいそれはもう十分に楽しむことが出来たのだけど、 それにもましてスタッフとして参加しなかったことを反省してました。 というわけで2017年のiOSDCはスピーカーとスタッフ、

Apple 新製品発表イベント「Let's meet at our place.」発表内容まとめ

毎年恒例9月のApple新製品発表イベントの内容をまとめました。 今回も写真はThe Vergeからお借りしています。 オープニング 「Welcome to the Steve Jobs Theater"のメッセージと、 スティーブ・ジョブズの音声からイベントはスタート。 Steve Jobsの功績を改めて讃えるTim Cook. 完成したApple Parkについて説明. リテールストアの位置づけについてAngela Ahrendtsから説明.

WWDC 2017 Keynoteスピーチ発表内容まとめ

毎年恒例のWWDCが今年も開幕しました。 今回のKeynoteは新OSだけでなく新製品も複数発表される充実の内容になりました。 いつも通り発表内容をまとめてみたいと思います。 (今回もThe Vergeの写真を拝借しています) オープニング "世界中はアプリに頼っている, アプリを作り続けよう" のメッセージの後にティムクックが壇上に登場. 過去最大のWWDC参加者であることを宣言. 1600万人の開発者が登録, 参加者は5300人 参加国は75カ国. 学生の参加者は過去最大. 最も若い開発者は10歳の男の子で5つのアプリをリリースしている. 最も年上の開発者は82歳の日本人女性. 今回は6つの発表があることを案内. tvOSについて これまでに50のパートナーがTV番組を配信してきた. これにAmazonプライムビデオを追加.

「モバイルアプリ開発エキスパート養成読本」の執筆に参加しました

執筆に参加していた、技術評論社さんの「モバイルアプリ開発エキスパート養成読本」が、明日4月11日(火)に発売されます。ようやく発売にこぎつけたので告知がてら書いておきます。 なお、本記事はhuinの個人的な思想に基づくものです。 モバイルアプリ開発は難しい 2012年に社会に出てから丸5年の中でiOSを4年とAndroidを1年弱やってきたけど、モバイルアプリ界隈はとにかく動きが激しいと感じてます。いやテクノロジー界隈で動きの遅い分野なんてないのかもしれないけれど、モバイルアプリ分野も例外じゃない。 それでも少し前は毎年メジャーアップデートされるiOSとAndroidのAPIをキチンとキャッチアップできてればなんとかなっていたと思います。だけどいまは、Swift/Kotlinのような言語自体の変化、リアクティブプログラミングのような新しいプログラミングパラダイム、

2016年の思い出 : カメラ機材を刷新した話

最近Appleイベントのレポートブログと化してたので、なんとか頑張って違う話を書いてみます。ってことでカメラの話。 この6年くらいEOS 60Dをずっと使ってきてたんだけど、10月に買い替えました。 新しいカメラは同じくCanonのEOS 5D Mark IV。APS-C機から念願のフルサイズ機デビューです。 60Dも屋外の明るい場所で撮る分には現役でキレイに撮れるんだけど高感度のノイズがちょっと厳しいなという感じでフルサイズの購入を決断。高感度撮影といえばSONYのα7シリーズなんかはすごい悩んだんだけどレンズの選択肢の多さを考えるとやっぱりCanonかなってことで、ちょうど新発売になったEOS 5D Mark IVに決定。 レンズもEF-Sレンズばっかりだったので合わせて発売になったEF24-105mm F4L IS