WWDC 2018 Keynote 発表内容まとめ

ことしもWWDCの季節がやってきました。 いつものように、Keynoteの発表内容を整理してみたいと思います。

今回も写真はThe Vergeからお借りしています.

オープニング

  • WWDC参加者達の様子を(ジョークを交えた)紹介する動画でスタート
  • 全世界で2000万人の開発者がいると発表.
  • AppStoreは10年目を迎える.
    • 毎週5億人の訪問者がいる世界最大のAppマーケットである.
    • 開発者に支払われた金額は $100B = 1000億ドル を超えた
  • Swift : 発表以来, Swiftは急速に成長している.
  • 本日、iOS, watchOS, tvOS, macOSのすべてのOSで新たな発表を行う.

iOS 12

Overview

  • iOS 11についておさらい
    • 2013年以降のデバイスをサポートしていた
    • リリース1週間で50%以上のユーザがアップデートし、現在は86%を超える.
    • ユーザの満足度は95%
  • iOS 12はパフォーマンスの改善に焦点をあてる.
  • iOS 11と同じく2013年以降のデバイスをすべてサポートする.
    • 2013年の端末でアプリの起動を40%, キーボード表示は50%, カメラ起動を70%高速化した.

AR : Augmented Reality

  • Pixarと協力して新しいARフォーマット「USDZ」を作成.これをサポートする.
    • デバイスからはQuickLookでARコンテンツを表示できる.
    • Adobe, Sketchfab, Autodeskなどとも協力.
  • Adobeからの発表
    • Adobe Creative CloudでもUSDZをサポート
    • ARのWYSISYGエディタを開発中
  • iOS 12の新アプリ「メジャー」 : ARによるサイズ計測アプリ
  • ARKit 2の発表
    • 顔認識
    • リアリスティックレンダリング
    • 3D物体認識
    • Persistent Experience.(?)
    • 他ユーザとの共有
  • LEGOによるデモ.
    • 複数のユーザでAR空間にオブジェクトを置いていくデモ.

Photos

  • 検索サジェストの追加.
  • For Youタブの追加.
    • 写真のハイライト, エフェクトの提案, ユーザ共有の提案などを表示.

Siri

  • Shortcuts 機能の追加
    • 「Add to Siri」ボタンによって特定のコマンドを完結な表現にできる.
  • Siri Suggestionsの改善
    • 頻繁に行うタスクをSiri側から提案.
    • 食べ物の注文やメッセージ, タスクなどをロック画面に表示できる.
  • Demo
    • KAYAKの旅行プランをShortcutsに追加. キーワードは「Travel Plan」
    • Siriに「Travel Plan」と話しかければ登録したプランを表示してくれる.
    • Editorにより、特定のコマンドで発動する一連の処理を登録
    • 「帰宅」コマンドで経路, 自宅家電操作, BGMの再生などを一度に行う.

Other Apps

  • Apple News : ブラウズタブを追加
  • Stocks : デザインを一新. TOP STORIESで最新ニュースをチェックできる.
  • Voice Memo. : iCloudサポート. 複数のデバイスでデータを共有可能.
  • iBooks : Apple Booksという名前に変更.デザインもiOS 11のAppStore風に変更.
  • CarPlay : ホーム画面にサードパーティアプリを表示可能に.

New Features

  • Do Not Disturb
    • 夜間, ロック画面の通知を控えめにして眠りを妨げないようにしてくれる.
    • Control Centerから自動で解除されるDNDモードを設定できるように.
  • Notifications
    • 通知のグループ化表示に対応.大量の通知が画面に並ぶのを防げる.
  • Screen Time
    • どのアプリをどれくらいの時間利用しているかをレポートしてくれる.
    • アプリごとに利用時間の制限も設定できる
    • Allowances : 子供の端末でアプリの利用時間などを設定できる.

Communication Apps

  • Animoji
    • Tongue Detection : 舌の動きもトラッキング可能に.
    • ゴースト, コアラ, タイガー, 恐竜を追加.
    • Memoji : ユーザごとに独自のAnimojiを作成できる.
  • Camera
    • リアルタイムでのフィルターやステッカー加工に対応.
  • FaceTime
    • グループ FaceTime 機能の追加. 最大32人まで可能.
    • もちろんMac, iPad, iPhoneと各デバイスを混成して利用可能.

watchOS 5

  • Fitness
    • 7-day Competition : 1週間単位で友人たちとActivityの達成度を競える
    • 新しいワークアウトタイプにヨガ, ハイキングを追加.
    • ランニングではRolling Mile, Cadence, Pace Alertを計測可能に.
  • Connections : Walkie-Talkie
    • トランシーバのように交互にボイスメッセージを送信しあう機能.
  • Siri : Sports, Maps, Heart Rateも表示. Siri Shortcutsにも対応.
    • また「Hey Siri」のキーワードなしで起動可能に.
  • Interactive Notifications
  • WebKitのサポート : Web Contentを表示可能に.
  • Podcastsアプリの追加.
  • その他の新機能
    • Customize Control Center
    • Student ID Cards
    • Air quality in Weather
  • PrideカラーのバンドとWatch Faceを新規追加.

tvOS 12

  • iTunesは4K HDR作品を最も多く配信するプラットフォームになっている.
  • AppleTV 4Kでは新たにDOLBY ATMOSをサポート.
    • 過去の配信作品も自動でアップグレードされる.
  • ケーブルTV会社と協力してAppleTVでのオンデマンド配信を追加.
  • Zero Sign-on : 一部サービスでログイン作業なしに自動でアカウント認証を行う.
  • スクリーンセーバーに「Earth」を追加.宇宙ステーションからの衛星映像を表示.

macOS Mojave

  • コードネームは「Mojave (モハベ)」
  • Dark modeをサポート.
  • Desktop Stack : ファイルの種類ごとにデスクトップファイルを自動で集約・整理
  • Finder : Gallery Viewを追加.写真の内容やメタデータを確認可能.
  • Screenshots : 撮影したスクリーンショットを画面右下にプレビュースムーズに編集作業へ入れる.
    • 動画撮影もサポート.
  • Continuity Camera : MacからiPhoneのカメラを呼び出して撮影、Macで撮影データに対して加工などが行える.
  • 新アプリ
    • Apple News
    • Stocks
    • Voice Memos
    • Home
  • セキュリティー機能の強化 : プライベートデータへのアクセスより細かく制御可能に.
  • Safari : Fingerprintingによるユーザ追跡を防止
  • Mac App Store :
    • UIを一新. Discover, Work, Play, Developなどのリストを追加してアプリを見つけやすく
    • iOSと同じく、アプリのプレビューに動画を利用可能に.
  • Metal : eGPU (External GPU)によりグラフィック性能を大幅に改善できる.
  • CoreML 2
    • 多くの機械学習フレームワークをサポート
    • Create ML : Mac上で学習作業を行える.
    • 処理速度を30%改善, 学習モデルサイズは75%削減.
  • iOSとmacOSの統合については明確に否定.
  • 一方でUIKitのmacOSへの移植は進めている.2019年には開発者向けに提供予定.