Apple イベント「Wish we could say more」発表まとめ

9月9日(日本時間9月10日)にAppleの発表イベント「Wish we could say more」が開催され、新型iPhoneおよび新しい製品が発表されました。

というわけで発表内容をまとめてみたいと思います。

記事の中で使用している写真はThe Vergeへのリンクとなっています.

iPhoneについて : iPhone 6 and iPhone 6 Plus の発表

Apple公式ページ



ハードウェアについて

  • Retina HD 2つの異なるディスプレイサイズ : 4.7インチと5.5インチ
  • iPhone 6は4.7インチ(1334x750px), iPhone 6 Plusは5.5インチ(1920x1080px)の液晶を搭載
  • 5sの7.6mmに対して、6は6.9mm, 6 Plusは7.1mmの薄さを実現
  • 電源ボタンは上部から本体横に移動
  • CPUはA8チップ、第2世代64bitチップを搭載.
    • 20nmプロセスルール、20億のトランジスタを搭載し、サイズはA7より17%小型化
    • CPU速度は20%、グラフィクスは50%高速化
  • バッテリーについて
    • すべて5sと同等かそれ以上に改善
    • iPhone 6 Plusは3G回線で24時間の連続通話を実現
  • M8コプロセッサについて
    • 気圧センサーにより距離だけでなく高さ(上昇・下降)も計測可能
  • 通信環境について
    • 20種類のLTE帯域に対応. 最大で150Mbpsで通信可能. またVoLTEにも対応.
    • WiFiは802.11acに新たに対応
  • (もちろん)Touch IDも搭載


UIについて

  • 6 Plusではランドスケープモードで2ペインのUIを実現可能.
  • ホームボタンをダブルタップすることで画面全体が下に移動し、ナビゲーションバーにアクセスできる
  • AppStoreにある130万のアプリをそのまま利用可能.

カメラについて

  • iSightカメラ(背面カメラ)
    • 8メガピクセルカメラを搭載 F値は2.2
    • 高速なAF, 新世代のトーンマッピング, ノイズ除去機能を搭載
    • A8チップにより顔認識も高速化
    • iPhone 6 Plusは光学手ブレ補正も搭載
    • 1080p/30fps, 60fpsでの動画撮影に対応
    • スローモーション撮影は120fpsに加え、新たに240fpsにも対応
    • Cinematic Video Stabilization対応
  • FaceTime HDカメラ(前面カメラ)
    • バースト撮影に対応
    • シングルショットでのHDR撮影に対応



価格について


  • iPhone 6 (2年契約) : 16GB -> $199, 64GB -> $299, 128GB -> $399
  • iPhone 6 Plus(2年契約) : 16GB -> $299, 64GB -> $399, 128GB -> $499
  • iPhone 5sおよびiPhone 5cは値下げ
  • 発売日は9月19日、予約開始は9月12日
    • 日本国内でも同じスケジュールのようです
  • 2014年末までに115カ国で発売
  • カラーはiPhone 6, iPhone 6 Plusともにシルバー/ゴールド/スペースグレイの3種類

国内での価格表は以下のとおりです。(SIMフリーの場合のみ)

モデル 価格
iPhone 6 (16GB) ¥67,800
iPhone 6 (64GB) ¥79,800
iPhone 6 (128GB) ¥89,800
iPhone 6 Plus (16GB) ¥79,800
iPhone 6 Plus (64GB) ¥89,800
iPhone 6 Plus (128GB) ¥99,800

iOS 8について

  • 本日よりGM配布開始
  • 9月17日に一般配布開始

モバイル決済について


  • 米国では1日1200億円のクレジットカード決済が行われており非常に大きな市場である.
  • iPhone 6および6 Plusに決済機能を搭載し市場に参入 Pay(Apple Pay)
  • Touch IDによるワンタッチチェックアウトで決済可能
  • カード番号の入力は不要、カード情報が小売店に共有されることもない
  • iTunes Accountに登録したカードを利用するか、もしくはカメラから撮影することでPassbookに登録される
  • iPhoneを紛失した場合は即座にカードからの支払いを停止できる
  • AMEX, Visa, MasterCardに対応する他、銀行とも提携
  • US国内の多くの小売チェーンで利用可能 (Apple Retail Store, Disney, McDonaldなど)
  • iOS 8にはPayment APIも追加される予定(2014年10月中)
  • 日本語ページが見当たらないことから国内での展開は現状ないようです


Appleの歴史の新しい章を綴るプロダクト : Apple WATCH

Apple公式ページ


  • ハードウェアについて
    • デジタルクラウンを利用して操作.
    • タップとプレス(force touch)を別のジェスチャーとして認識する液晶
    • Mag-safeアダプタによる充電
    • ベルト部分は交換可能.マグネットバックル
    • 心拍センサー、GPS, 加速度センサーを搭載
  • 時刻表示について
    • 時計のインターフェイスはカスタマイズ可能.
    • 多くのインターフェイスを用意
  • アプリケーションについて
    • Siri, Photos, Mapなど様々なアプリを搭載
    • WatchKit SDKを提供. サードパーティもアプリを開発可能
  • フィットネス機能について
    • Fitness と Workoutアプリを搭載
    • GPS, 心拍センサーを利用して1日の活動量やワークアウトのトラッキングが可能
  • その他の機能
    • Apple TV, iPhone カメラとの連携など更に多くの機能を搭載
    • Apple PayもApple WATCHから利用可能
    • iPhone 6, 6 Plus, 5s, 5c, 5と連携可能.
  • 製品ラインンナップ、価格について
    • サイズは2種類
    • コンセプトによってWATCH, WATCH SPORT, WATCH EDITIONの3つのコレクションを用意
    • 2015年前半に$349で発売開始.(国内も同じようです)


Apple Watchの発表の後はAppleと音楽の関係について話があり、
スペシャルゲストとしてU2が登場しました。 U2の生演奏の後、最新アルバムの無料配布が発表されました。


まとめ

新しいiPhoneについてはより大きくなった画面でどんなUIを提供すべきか考える必要が出てくるでしょう。このあたりは様々な種類の端末が出ているAndroidのデザイナー/エンジニアに学ぶ部分がある気がします。 まずは来週9月19日に端末を手に入れるところから頑張らないとですね。

Apple Payについては日本国内での展開は現時点ではなさそうです。間違いなく便利なのでぜひ使えるようになってほしいと思います。

Apple WATCHもその存在は事前にリークされていましたが、今回の発表でデザインなどが初めて分かりました。Apple WATCH単体の機能は公式ページを見ると非常に豊富であることがわかります。

しかしiPhoneユーザーに対してApple Watchがどんな体験を新たに提供できるのかまだよく掴めていません。発売は2015年なので少し先ですが、今からどんな活用方法があるか考えておきたいと思います。

iOS 8 のGMおよびドキュメントも更新されているので、
勉強しつつiPhoneの発売を待ちたいと思います。

以上イベントまとめでした。